読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり、男前が好き

好きなものは好き

ブログタイトルをつけるに際し、思い出したこと

最近、はてなブログにアップされている記事が、とても共感できたり、感動したりすることが、度々あったので、自分でも書いてみたくなった。

特に文才があるわけでもないので、難しい文章や感動させる文章が書けるわけでもない。

 もし、気分を害される内容があったら、スルーしてください。

 

さて、何を書こう?ちゃんと続くかな?

一番好きなことだと、ネタが続くかな?

一番好きなもの…それはやっぱりジャニネタかな。

いやいや、ジャニ以外でも、男前なタレントさんや俳優さんは大好きだしな。

その線で行ってみよう!

 

ということで、ブログタイトルを

「やっぱり、男前が好き」

にしてみました。

 

小学生の頃、まわりが「ヒデキ」「ヒロミ」「ゴロー」と騒ぎ始めたころ、私はまったくもって、興味がなかった…。

どちらかといえば、ピンクレディーが好きだったし、テレビの再放送で、銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトを観てる方がたのしかった。(笑)

 

中学生になって、「たのきん」が大人気になった。

「トシちゃん」「マッチ」「よっちゃん」

彼らが好きでない女子は、女子ではない!という雰囲気の中、周りに合わせるように、ベストテンを観て、ドル誌(平凡とか明星とか…)を読み漁るうちに、どんどんはまっていった。たのきんトークは楽しかった。

今でも、シングル曲は、ほぼ歌える…。

もちろん、映画も全部観に行った。

個人的には、映画「ハイティーンブギ」が一番好き♪

武田久美子になりたかった(笑)

とっても好きだったけど、男前だなぁ~って感じたことはなかった。

 

そんな、中学生だった私…。

ある日、TVの再放送で観た「探偵物語」の松田優作に出会ってしまった!

衝撃!

なんて、男前なの?

「男前」という言葉が出たのは、これがたぶん最初だろう。

周りの同級生たちには、「おっさんやん」と一言で片づけられた。

そりゃそうだ…自分の親と同世代なのだから。

なので、同意を求めるのはやめた。私にはツボだったけど。

そのころから、映画雑誌を買うようになった。

ちなにみ、高校の頃好きだった人は、松田優作似だった(笑)

 

そして、高校生になり、同級生たちの興味は、多岐にわたるようになった。

でも、やっぱりアイドルは強かった。

「少年隊」「チェッカーズ…他に誰かいたかな?覚えてないな…。

基本、ジャニタレは好きだったので、チェックは怠っていないが、そんなある日、また衝撃があった。

 

アウトサイダー」「ランブルフィッシュ」に出ていたマット・ディロンだ。

まさに、男前の極地。

この記事を書くにあたり、久しぶりに当時の画像を検索してみてみたけど、やっぱり男前。ときめく~(≧∇≦)

あのころ、自分は、将来、マット・ディロン似の人と絶対結婚すると決めていた。

親に頼み込んで、英会話教室に通うようになった。

まぁ、現実を知らなかったのだな…(笑)

その影響で、洋画は古いものから、新しいものまで観まくった。

あのころは、京都の祇園会館というところで、3本立てや4本立てが1000円出せば観れた時代。

お弁当をもって、休日は一日映画館で過ごすなんてこともあったなぁ~。

これは、学生だったからできたことだけど。

 

バブル全盛期で、バイトと夜遊びしかしていなかった大学生時代。

それでも、ベストテンは観ていたような記憶がある。

習慣は恐ろしい。

先輩が「光ゲンジ」にはまった。

アイドル=10代が好きになるもの というイメージが強かったので、驚いた。

歌は聞くけど、ドル誌を読む頻度も少なくなってきた頃だったから、適当に流す。

 

そんなある日、出会ってしまったのだ…。

山口達也…(*^-^*)

当時は、まだジュニアだった頃。

とどめはドラマ「同窓会」の嵐役。

将来、自分に息子ができたら、絶対「嵐」と名付けようと決めていた。

残念ながら、私からは、娘しか生まれなかったので、夢はかなわなかったのだけど。

こんなに男前かつ美しい男性がいたのか!(今の姿を思い浮かべないでね:笑)

色白なんだけど、がっちりしてて、おめめぱっちり。

何もかもが理想。

二十歳を過ぎてから、アイドルにドはまりしてしまった私。

浮気、本気含めて、色々あるけど…もう20年以上、山口達也にはまり続けている。

年齢を重ねても、やっぱり男前は男前なのだな。

 

続きは、また。